シミウスの取扱店一覧は

 

シミウスの使用時におけるベタつきについて

 

シミウスに限らず各種クリームの難点として使用時のベタつきが挙げられます。

 

保湿成分が多いものではこういった傾向は強いのですが、しかしシミウスの場合はあまりベタつきが気にならないといった口コミが多数あります。

 

とはいえ中にはやはりベタついてしまうといった感想もあり、さすがにあまりにも多量に手にとってしまうとどうしても気になることになりますが、その他では肌がまだシミウスの有効成分や栄養を吸収、浸透させる準備ができていない状態であること多く、実はベタつきの主な原因となっているのです。

 

これに関しては根気強くシミウスを使用、マッサージを続けていくことで改善されることになります。

 

マッサージによって肌の角質を柔らかくしていくとシミウスの有効成分もどんどんと吸収されていき、やがてはなじむようになるのです。

 

最初はなかなかなじまなくても、1つを使い切るころには大半の方の肌の状態が改善され、ベタつかなくなっているのです。

 

まずは使用を続けてみましょう。

 

 

オールインワンでマッサージも出来るのは業界初!

 

メビウス製薬のシミウスはこれ一本で化粧水、乳液、アイクリーム、保湿、美容液、マッサージ、クリーム、パック、化粧下地、美白と10役もこなしてくれるオールインワンのジェルクリームなんです。

 

美容液や乳液などもカバーしてくれるオールインワンのものは他にもいろいろあるけれど美白してマッサージも出来るジェルは業界でも初のことなんです。

 

今までのオールインワンよりもテクスチャーが固めに作られているためにすぐに乾燥してしまう事がないので肌がつっぱったりしないんです。

 

また途中で何度も付け足すことも要らないので一度でしっかりとマッサージすることが出来るんです。

 

なにより弾力があり肌の上でよく伸びるのでマッサージにはちょうどいいジェルでもあるんです。

 

ダブルクリスタル製法によって美容成分をマッサージ用の膜で覆っているためにマッサージをするたびに肌の奥へとしっかりと浸透してくれるんです。

 

こんなマッサージが出来るオールインワンのジェルクリームが欲しかったんですよね!

 

 

マッサージは優しく触れる程度で大丈夫なんです

 

シミを早く消したいとお考えなら、SIMIUSホワイトニングリフトケアジェルを使って朝と夜にお肌のお手入れをすることが大事です。

 

このジェルを適量手にとり指で触るくらいの感覚で優しくマッサージします。

 

強くジェルを塗りこむようにマッサージをしたほうがすぐにシミが消えると思っている方は要注意です。

 

顔のお肌はとても敏感なので強くマッサージすればするほどお肌が刺激されてメラニン組織を作り出し逆効果になってしまいます。

 

乾燥もお肌にとっては大敵です。

 

乾燥したお肌は非常に傷つきやすく炎症を起こす原因になります。

 

乾燥している場合はしっかりとケアをしてからマッサージを行いましょう。

 

また、マッサージの際にお肌がつっぱるような感覚があるときはジェルが少なすぎますので商品に同梱されたお手入れガイドに掲載されている量のジェルをお使いください。

 

もったいないなと思って少ししか使わないとかえってお肌を痛めたりシミをつくる原因になりますので気をつけたいですね。

 

 

あれ、痛い?!マッサージの時に痛みを感じる原因とは

 

さあ、いよいよシミのない美肌を目指してシミウスホワイトニングリフトケアジェルでマッサージです。

 

…あれ?ちょっと痛い?そう、お顔のマッサージの時に痛いと感じることがあるのです。

 

せっかく張り切ってお手入れをしようとしているのに痛みがあっては気分が下がってっしまいますね。

 

それに何か肌が良くない状態なのかと不安もあるでしょう。

 

痛い時って、お肌になにが起こっているのでしょうか。

 

まず考えられるのは「顔凝り」です。

 

えっ、顔も凝るの?!とびっくりされるかもしれませんが、顔も凝るのです。

 

仕組みは肩凝りなどと同じく、血行が悪くて筋肉が硬くなってしまっていること。

 

押すと「痛気持ちいい」感じだったり、ちょっと硬く凝り固まったようなものを指先に感じたら「顔凝り」です。

 

長い間のデスクワークやスマホ、不規則な生活など、凝る原因は身に覚えがある人が大半なのでは?この場合は毎日優しくマッサージを続けてみてください。

 

力が強すぎるとシワやたるみやシワの原因となってしまうので、優しく滑るようにマッサージするのが重要です。

 

それによって少しづつですが凝りは改善されていきます。

 

だんだんお肌が温かくなって血行が良くなってくるのが実感できるかと思います。

 

すぐに凝りが解消というわけにはいきませんが、継続することで痛みも軽減されていきます。

 

そしてもう一つ、痛みの原因として考えられるのは「顔と指とが擦れて痛い」「マッサージの力を入れすぎている」という場合です。

 

これはこのまま続けているとお肌を傷めてしまいます。

 

もったいないからとジェルをケチって少ししか使わないと、肌と指の間に摩擦が起きて擦れてしまい痛みを感じます。

 

ジェルはマッサージの際、潤滑油の役割も果たしますので「お手入れガイド」を参考に適当な量を使うことが大切です。

 

乾燥肌が気になる人は通常より擦れることが多いので、少し多めのジェルを使うようにするとより安心です。

 

力加減に関しては「顔凝り」の時と同様ですが、優しく優しく、顔を包むようにマッサージしてみてください。

 

強い力になれていると物足りないと思うかもしれませんが、お肌はとてもデリケートだということを忘れずに。

 

さあ、痛みの原因はお分かりになりましたか?以上を踏まえたお手入れで、美肌に一歩近づきましょう。

 

 

日焼けした場合の適切な肌の管理

 

日焼け止めクリームを塗り忘れたために日焼けをしてしまうということは経験があると思います。

 

日焼けはシミの原因だからといって日焼けしてすぐにシミウスジェルを塗ろうと考えるかと思いますが、それは逆効果になってしまいます。

 

日焼けした肌というのは日光によって肌が傷つけられている状態です。

 

ここで無理にジェルを塗ったり、マッサージしてしまうと逆に肌を刺激して傷つけてしまいます。

 

そうなるとさらなるシミが出来たり、敏感な肌になってしまうなどデメリットばかりです。

 

日焼けをしたときは、いつも使っている化粧品類は一切使わないようにし肌をこすったりしないようにしましょう。

 

ウスシミジェルは肌に優しい化粧品ですが日焼けしたときには余計な刺激になってしまう可能性がありますので、肌が落ち着くまでは使用しないようにしましょう。

 

日焼けで少しでも赤くなっている肌は日光の熱によって焼かれている状態です。

 

そのようなときは、肌が熱を持っているので氷や保冷剤などを使って冷やすことが大切です。

 

 

 

 

→限定プレゼント有りでシミウスをお試しされる場合はこちらからどうぞ